ファッションピアスをつけている人の男女比はどれぐらい?

ファッションピアスをつけている人の男女比はどれぐらい?

ファッションピアスをつけている男女比は、日本であれば女性のほうが多いでしょう。

まだ義務教育の段階であれば学校で認められていないことがあるので男女比というのは変わらないということもありますが、高校生になれば男女共にピアスをすることも多くなるものです。

ですが男性1に対して女性3くらいの割合の差はあるはずです。女性は髪が長い人も多いので、ピアスの穴を髪で隠して学校に行くことが出来ますが、男性はロングヘアで学校に行くことなどほとんどないので、ピアスの穴があればバレてしまうでしょう。

進級に影響することもあるので、隠しやすいという意味でも女性のほうがファッションピアスをしていることが多いものです。また、女性のほうが選べるデザインも多いです。

ボディピアスをつけている人の男女比はどれぐらい?

ボディピアスをつけている人の男女比はどれぐらい?

ボディピアスをつけている男女比は、日本国内か外国かによってもその比率というのは異なってくるものです。

日本国内だけの話であれば、まだまだ女性のほうが多いですし、年齢が高くなればなるほど男女比の比率は差が出てくるでしょう。

日本の男性がピアスをするのは若い男性に限られていることも多いからです。女性は高齢でもピアスを楽しむことありますが、日本では高齢の男性がピアスをしている姿は全くと言ってもいい程見ません。

ですが外国ではピアスは民族衣装の一つとして使われていることも多いので、男性でも女性でも変わらないということがあります。男性が多く産まれた年であれば男性のほうが比率が高いという結果にもなることが多いでしょう。

耳たぶにたくさんピアスを開けたくなる心理は?

耳たぶにたくさんピアスを開けたくなる心理は?

一度耳たぶにピアスをすると分かるように、大きいものから小さいものまで気に入ったものを毎日手軽につけることができ、たった一組のピアスでさえも大切なおしゃれの一部に感じられます。

それまでちょっと怖かったピアスも、ちょっと冒険して2つ目、さらに3つ目では痛そうな恐怖心もなく、不安どころか新たな好奇心に変わっています。

耳たぶにずらりと並ぶピアスをつけている人を見て、あの心理がわからないと思う他人ほど当人は何も考えてはいないでしょう。

例えば好きなアーティストのまねをしている場合もあれば、ほかの何よりもピアスというおしゃれにハマっているだけかもしれません。反抗心の強さと見られがちですが、意外とそうでない場合もあるので一概には言えません。