病院でピアスを開けるなら何科に行くべき?

病院でピアスを開けるなら何科に行くべき?

現在ピアスは男女共に人気です。イアリングと比べて長時間つけていても痛くならないし小さい軽いものだとほとんど違和感がなく、まるで体の一部です。

メリットがたくさんあるピアスを開ける方法ですが2通りあり、自分で安全ピンや専用の道具を使用する方法と病院へ行く方法があります。

自分では失敗や化膿の危険があるのでおすすめできません。病院をお勧めします。それでは、何科が良いかと申しますと、皮膚科です。

まず開ける位置を決めてから麻酔の注射を打って穴を開けてそのままピアスをします。穴が定着するまで約1か月間そのままの状態を保ちます。

自宅では消毒や軟膏を塗ります。途中異変を感じたらすぐに受診しましょう。皮膚科なら専門なので適正な処置を受けられ安心です。

病院でピアスを開けるとどれぐらいお金がかかるの?

病院でピアスを開けるとどれぐらいお金がかかるの?

ピアスの穴を病院で開けてもらう場合、保険適用はしていないので自費で行わなければいけません。

施術にかかる費用も病院ごとに決めることができるため、それぞれ値段が違いますが相場は両耳ピアス代込みで平均で7,000円から10,000円くらいです。

自分でピアッサーなどを使って開けるか、医師免許のない方が施術をするピアススタジオで開けたほうが費用は安く済みますが、安全面や衛生面を考えるとどちらがお得かは一概に言うことができません。

病院の中でも皮膚科、美容外科、耳鼻科でピアスの穴を開ける施術を行っていますが、やはりこちらも病院ごとにピアスを開ける施術を行っているかどうかは違ってきますので必ず事前に確認してください。

病院で開けさせてもらえないピアスがある?

病院で開けさせてもらえないピアスがある?

ピアスは開ける部分によって耳・軟骨・ボディなどがあります。中でも、ボディピアスは医療行為にあたり、病院でなければ開けることはできません。

基本的にかなり特殊な部分でない限り、一般的な部分であれば病院で開けさせてもらえないピアスはありません。

へそ・眉・鼻・舌など体の内部と密接な関係があるボディピアスは、施術やアフターケアに注意をしなければなりません。

金属アレルギーの心配がある方は、チタンや医療用ステンレス、シリコンなどを用いてファーストピアスを作りますので心配はいりません。

ケロイド体質の方は十分なカウンセリングを行い、施術後にケロイド予防の内服薬を服用したりしますので、重度の方でない限り施術は可能です。