ピアスを自分で開ける際に使う道具は?

ピアスを自分で開ける際に使う道具は?

綺麗なピアスホールを自分で開けるためにはピアッサーという道具を使用します。ピアッサーには、ホールを作るためのファーストピアスが装着されています。

方法は自分が開けたいと思う箇所を消毒し、位置を合わせてピアッサーを押すだけで完了します。ホールを開ける前にその箇所を氷で冷やしておくと痛みを感じにくいです。

その後は消毒しながら1ヶ月ほど終日着けたままにしておけば綺麗なピアスホールの完成です。

ピアッサーにも多くの種類がありますが、安全のためにも医療用と表示されているものを選ぶようにして下さい。

ピアッサーを使用せず安全ピン等で開ける方法もありますが不衛生で危険なので必ず専用の道具を使用するようにしましょう。

ピアスを自分で開けるメリットは?

ピアスを自分で開けるメリットは?

ピアスホールを開ける際、自宅などで自分で開けるメリットはなんといってもコストの低さです。美容外科や皮膚科などの専門施設で開ければ、その病院によりますが数千円ほどかかるのは確実です。

保険診療の効かない自費診療なので、施設によってはもう少しかかる場合もあります。しかし自宅で開けるとなると、専用のピアっサーは安いものなら千円もかからずに入手できます。

病院でピアスホールを開ける差額分で、好みのピアスを購入することができます。また、病院に赴く手間もなく、自分で開けたいと思った時にすぐに開けることが可能なのもメリットといえます。

の病院に行って待ち時間を費やすことや高い料金を費やすことに比べれば自分で開ける選択をする人が多いのはこういったメリット故でしょう。

ピアスを自分で開けるデメリットは?

ピアスを自分で開けるデメリットは?

ピアスの穴を開けるとき、医療機関ではなく自分で開ける方も多くいます。ですが自分で開ける場合には、いくつかのデメリットが存在しているので注意が必要です。

その注意点の1つとなるのが、慣れていない人は上手くいかないこともあるという点です。自分で直接耳は見えないので、うまくやらないと痛い思いをするだけ穴が開かないこともあります。

医療機関で行ってもらえば、少ない痛みできれいに穴が開けられます。人によっては、思った箇所にピアスの穴が開けられないこともあるので注意しましょう。

初めての場合には、穴を開けるときに勇気もいります。しかしためらっていると、余計に痛い思いをするかもしれません。自分で開ける場合には、やり方を確認したうえで一気に行うことも大切です。